【盲腸.com】〜手術について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
moutyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは盲腸の治療について、手術について詳しく説明しています。

盲腸の治療法には大きく分けて2つの方法があります。抗生物質の投与を主とした薬物療法と虫垂自体を手術で切除する外科療法とがあります。一昔前までは虫垂炎の疑いがある場合、ほとんどのケースで手術が選択されていましたが、現在では薬物療法でも一定の効果が認められている為、手術を行わないことも増えてきました。しかし、薬物療法の場合再発の可能性もあるため、完治を目指す場合は手術で切除してしまう方が確実です。また、手術自体の難易度も低い為成功率も非常に高く、軽度の場合でも手術を進める医師は多いです。

手術の方法は以前は開腹手術が基本でしたが、最近では重症化して複雑な手術以外は開腹することなく腹腔鏡を用いた手術も行われています。腹腔鏡の手術ではわずか1p程度の穴を数か所開ける程度ですので、傷が浅くて済み体への負担が少なく術後の経過も良好です。
どの治療法を行うかは担当医師としっかりと相談した上で選択するようにしましょう。


⇒ 診断について

⇒ 治療について


sponsored link



copyright©2013  【盲腸.com】〜初期症状・原因・位置・手術〜  All Rights Reserved