【盲腸.com】〜治療について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
moutyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは盲腸の治療について詳しく説明しています。

盲腸の治療は症状の進行状況や合併症の有無などを踏まえて選択されますが、大きく分けて2つの治療法が取られます。手術で虫垂を切除してしまう方法か、薬物療法かのどちらかです。以前はほとんどの場合手術によって虫垂を切除してしまう方法が主流でしたが、現在では薬物療法で治療することも増えてきました。症状が進行している場合では緊急に手術が必要になりますが、症状が初期で浅く軽度のものの場合や、手術を行いたくない場合などは薬物療法を行うことになります。

薬物療法では、抗生物質を投与して炎症を緩和させます。「虫垂炎を散らす」という表現が使われているのがこの方法です。抗生剤は服用する場合は入院する必要はありませんが、点滴で行う場合は入院が必要になる場合が多くなります。また、最大のデメリットは再発する可能性があることです。手術で切除した場合は再発することはありませんが、薬物療法の場合は10〜20%の割合で再発することがあると言われています。


⇒ 診断について

⇒ 手術について


sponsored link



copyright©2013  【盲腸.com】〜初期症状・原因・位置・手術〜  All Rights Reserved